腰痛が悪化・再発する原因|床に座る

腰痛悪化・再発しないために!チェック項目を列挙してみました!

腰痛座椅子悪化

 

座椅子は快適に座るためのものですが・・・
その座椅子で腰痛悪化したり再発してしまったりすると良くありませんね。

 

せっかく腰痛を治したのに再発したり、悪化したりしないために、やらない方が良いことのチェック項目を列挙してみましたので、参考にしてみてください。

 

 

腰痛悪化・再発防止のために!やらない方が良いこと一覧

  • 前傾姿勢で座ってしまう
  • 後傾姿勢で座ってしまう
  • 座面が柔らか過ぎる座椅子で座る
  • 体育座りで座椅子に座る
  • 女の子座り(横座り)で座椅子に座る
  • 座椅子の座面に浅く座る
  • 長時間同じ体勢で座っている
  • 座椅子を使わずに悪い姿勢で座り続ける

だいたいこんな感じです。

 

価格帯の安い座椅子や、腰痛対策のことを考えられていない座椅子の場合は
あなたが意識的に注意しないと自然と上記のようなことをしてしまう可能性が高いです。

 

あなたが腰痛持ちであれば、腰痛対策を意識して開発された座椅子を選ぶことが重要です。

 

また、座椅子を使わないで床に座るのなら、できるだけ「正座」で座るようにしましょう。
昔の日本人は正座で床に座ることが多かったので、今とは比べものにならないくらい腰痛になる人が少なかったと言います。
それは、昔の日本人は床に座る時に正座で座ることで、坐骨を立てて座ることができていたからなのです。

 

まとめ

とにかく腰痛対策で大事なのは以下の3つです。

腰に負担がかからない姿勢でいる
座る時は、骨盤・坐骨が立つように座る
長時間同じ姿勢で座り続けない

 

この3つを気を付けてください。

 

Bの長時間同じ姿勢で座り続けない!ということは自分で意識するしかありませんが
@Aについては、腰痛に良い座椅子を選ぶことで簡単に解決することができます。

 

足がついている椅子に座ることと比較して、「床に座る」という行為は
さらに腰痛を悪化させやすくしてしまいますので、座椅子選ぶには、より気を使ってみると良いでしょう。